FC2ブログ
苦節4年?保育園激戦区で無職→Cランク→認可保育園内定まで その1
2014年02月17日 (月) | 編集 |
苦節4年?保育園激戦区で無職→Cランク→認可保育園内定まで その1

上の子出産から最初の認可保育園不承諾、下の子妊娠まで。

ずっとブログ書いてませんでしたが書いてない間の出来事。


2009年3月に第1子出産しました。
それまで派遣社員として働いてて、出産後は産休、育休取得後元の職場に復帰予定で、実際に準備も進められていました。
しかし、妊娠、出産とは関係ない社内の事情で丁度産休に入るタイミングで派遣契約が終了になりました。
派遣先の好意で産休、育休は頂けたものの、元の職場に私の仕事はありませんでした。

妊娠する前から当然子供がいても働き続けるものだろうと考えていました。

何故働きたいのか?
元々貧乏性というのもあります。夫一人だけが働いている状態っていうのはなんとなく不安です。
何かあった時に、私もある程度経済的に自立をしていたいです。

結婚した当時も派遣社員でしたが、たまたま契約満了と結婚の時期が重なり、ほぼ結婚と同時に無職になりました。その後4ヶ月仕事が決まらず、世間に必要とされていないような気がしました。そのトラウマも大きいです。

たまたま夫の仕事の都合で新婚なのに週末婚生活でした。何もしてなくても夫の給料と失業保険だけが振り込まれる籠の鳥のような気分でした。
新しい職場が決まり、初出勤した日、SUICAの定期券をタッチして構内に入った瞬間が忘れられません。
ああまたシャバに戻れた?そんな気がしました。もう二度と専業主婦にはなりたくないと思いました。

子供の頃から当時はあまりいませんでしたが働くママはいいなというぼんやり憧れがありました。自分の母にはもっと外にでて仕事をして欲しかったです。

職場にいる子供のいる女性。。なんとなく「すべてを手に入れた女性」なんて考えていました。

出産後は当然1歳なってすぐの2010年4月頃から働くのだろうと思っていました。
しかし当時住んでいた横浜市は保育園大激戦区

2010年4月認可保育園入所に向けて準備をしましたが、予想通り不承諾になり育休を延長しました。

それならと早々に2人目を産んでしまった方がいいのでは?とも思いましたが、2010年7月に流産。

それ自体は「よくある事が自分にもおきた」という感じで大きなショックではなかったと思うのですが、余計に仕事をしようという気が起き、認可外保育園リストを見ながら片っ端から電話をかけました。

やっと一つ空きがあった保育園は駅の反対側の長ーい坂道を登った上にありました。
今思えばかなりお高い保育料な上通えたのか謎でしたが、フルタイムで働けば半額は儲けがでるだろうと思っていました。。

いくらか払えばキープできるとの事で、キープし、それから就職活動を始めましたが、その時点でまだ育休状態。色々計算すると何がお得で何が駄目なのか悩む状況でした。
仕事もかなり選んでいたので、応募もボチボチでした。

なんだかんだグダグダしているうちに2011年早々にまた妊娠判明。引っ越しも決まっていたので認可は申し込まず一旦就活、保活はお休みになりました。


この期間は、半年の育休延長、その後派遣切り扱いですぐに失業保険もでたので、今振り返れば大した話じゃなかった気がします。
仕事をしていないもじもじ感、世間に取り残されている気分は半端じゃなかったです。
スポンサーサイト



テーマ:入園&入学準備
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック